筋トレ  

筋トレで効果的に筋肉を付けるために必要な2つの要素について解説

 

今回はトレーニングで筋肉を付けるために必要な「休養」と「栄養」についての解説です。

筋肉を発達させるためには、トレーニングを行うことはもちろん必要なのですが、それ以外にも休養と栄養がとても重要な要素になります。

トレーニングを行い筋肉に刺激を与えた場合、筋肉が発達するタイミングはトレーニングを休んでいる間です。

筋肥大のためには、筋肉に発達するための適切な刺激を与え、その後筋肉にしっかりと休養を与えることが必要です。

トレーニング後の休養の期間は、「元の元気な状態に戻るまで」が理想ではないかと思います。

ですので理想的な休養の期間は、トレーニングの強度や頻度によって変わってくるため、一概に決まった数字では表せないと思います。

しかし疲労が残っていれば、前回と同じ強度でトレーニングを行うことは難しいので、そのような感覚を基準にすることで、自分にとっての理想の休養の期間が見つけやすくなると思います。

そして、トレーニングや休養以上に体作りを行ううえで大切な要素が栄養です。

人間の体は食事から取る栄養によって作られているので、トレーニングと休養の効果を生かすも殺すも食事次第、と言っても決して過言ではありません。

体作りのためには三大栄養素をバランスよく摂取することが必要です。

さらに、筋肉を付けるためには筋肉の材料であるタンパク質の摂取を心がけましょう。

解説動画を見る

  筋トレ  

SNSでもご購読できます。