筋トレ  

筋トレで効果的に筋肉を付けるための強度とフォームについて解説

 

今回はトレーニングで効果的に筋肉をつけるための「強度」と「フォーム」についての解説です。

筋肉を付けるためには、筋肉に負荷をかける必要があります。

その負荷に対応しようとする反応が筋肥大(筋肉が大きくなること)ですので、筋肉を付けたい場合は適切な強度の負荷を与えることがとても重要です。

筋肥大に適切な負荷とは、一般的には10回前後で限界が来る重量でトレーニングを行うことだと言われています。

ただし、筋肥大に適した強度でトレーニングを行っていたとしても、その負荷のままトレーニングを継続しているだけだと、いずれ筋肥大は止まってしまいます。

そこからさらに筋肉を付けるためには、回数や重量を増やして、筋肉に与える負荷の強度を上げて行く必要があります。

そしてもう一つ筋肉を付けるために大切なことは、目的の筋肉に対して負荷を与えることです。

いくら筋肥大に適した強度でトレーニングを行っていても、その負荷が目的の筋肉にかかってなければ、理想通りの筋肥大は起こりにくくなってしまいますので、発達させたいと思う筋肉にしっかりと負荷が与えられるフォームでトレーニングを行うこともとても大切です。

解説の続きを動画で見る

  筋トレ  

SNSでもご購読できます。