筋トレ  

ダンベルベントオーバーローイングで広背筋に効くフォームと、バーベルとの違いを解説

 

今回はダンベル・ベントオーバーローイングのやり方を解説します。

ベントオーバーローイングは一般的にはバーベルを使って行う種目ですが、ダンベルを使って行うことも出来ます。

やり方は、まずダンベルを両手に持って前傾します。

上半身の角度を決めたら、手に持ったダンベルをわき腹に向かって引き上げます。

この時に上半身を起こさないように注意してください。

背中の筋肉の収縮を感じる位置まで引き上げたら、ゆっくりと元の位置に戻しこれを繰り返します。

ベントオーバーローイングは主に背中の筋肉を鍛える種目です。

背中には色々な筋肉があるのですが、今回はその中で広背筋に効かせるやり方をご紹介します。

広背筋は肩甲骨の下から腰の辺りまであるとても面積の広い筋肉です。

広背筋が付いてくると脇の下にせり出してくるため、逆三角形の体形を作るのにとても関与した筋肉です。

直接目で見えない部分に付いた筋肉ですので、鍛える時は常に筋肉の収縮を感じながら動作を行うことがとても大切です。

広背筋は肩を腰方向に下げるとと、肩甲骨を寄せること、この2つのポイントを意識しながら動作を行うことで、しっかりと収縮させることが出来ます。

それを上半身を前傾した状態で行うことで、広背筋に効くベントオーバーローイングを行うことが出来ます。

解説動画を見る

  筋トレ  

SNSでもご購読できます。