筋トレ  

ダンベルカールのやり方と、上腕二頭筋を効果的に鍛えるコツを解説!

 

今回はダンベルカールのやり方を解説します。

ダンベルカールは二の腕の内側にある上腕二頭筋を鍛える種目です。

上腕二頭筋は一般的には「力こぶ」と呼ばれていて、肩の前側から始まり、前腕の骨に付いている筋肉です。

ダンベルカールは両手にダンベルを持ち、手が肩に近付くように肘を曲げる動作を行います。

スタートポジションでは手の平を体の正面に向けた状態から行うのが一般的なやり方です。

肘をやや曲げた状態からスタートして、そのまま手首の角度をキープしたまま肩口に向かってダンベルを持ち上げます。

そしてダンベルを持ち上げた時は上腕二頭筋の収縮を意識します。

そこから力を抜かないようにゆっくりとスターとポジションまで戻し、再び持ち上げる動作を繰り返します。

他にダンベルを持ち上げる時に気を付けるポイントは、

手首を曲げすぎないこと

肘を内側に絞りすぎないこと

と、この2点も意識しながら行うことで、上腕二頭筋にピンポイントに効くダンベルカールを行うことが出来ます。

ダンベルカールは体を振るチーティングを割りと使いやすい種目ですが、上腕二頭筋に効いてる感覚がつかめるまでは、なるべくチーティングを使わずに出来る重量で行う方が良いと思います。

解説動画を見る

  筋トレ  

SNSでもご購読できます。