筋トレ  

サイドレイズのやり方と、三角筋を効果的に鍛えるコツを解説!

 

今回はサイドレイズのやり方を解説します。

サイドレイズは肩の筋肉である三角筋を鍛えるアイソレーション系の種目です。

動作は出来るだけ腕を体の真横に持ち上げます。

三角筋は鎖骨や肩甲骨から始まり、上腕骨に付いている筋肉です。

その三角筋の横(サイド)をターゲットとして行うのがサイドレイズという種目になります。

ですのでサイドレイズを行う時は、その横の部分を意識しながら行うことはとても大切です。

そして三角筋を鍛える時に一番大切なポイントは僧帽筋を使わないことです。

そのためには肩をすくめないことを意識しながら行ってみてください。

肩をすくめる動作は僧帽筋に力が入ってしまいますので、肩を下げた状態で腕を真横に上げることで、三角筋をピンポイントで鍛えることが出来ます。

腕は持ち上げたとき、肘の内側が体の正面を向くように意識します。

そして手首も持ち上げた時に反らさないように注意してください。

腕はピンと伸ばすのではなく、少し曲げた状態でキープします。

これらのポイントを意識しながら行うことで、しっかりと三角筋に効くサイドレイズを行うことが出来ます。

解説動画を見る

  筋トレ  

SNSでもご購読できます。